ハーレーのバッテリー充電

今日はバッテリーの充電の話です。
車なんかだと定期的にバッテリーの点検を行いますがバイクは結構おろそかになりがちです。。
キャブ車なんかは原始的なので別にバッテリーの電圧がなくても普通に動きますがインジェクション車は全てに置いて電子制御になっているので、バッテリーの電圧が低下するとすぐに動かなくなってしまいます。
さっきまで動いていたのに急に動くなくなる
なんてあるあるのようですよ。
ディーラーからもバッテリーは定期的に充電しろと念押しされました。
※なんかちゃんと充電していないと保証の対象外になるとか。。しかもコンピューターをチェックすればちゃんと充電していたかすぐわかるみたいです!

ということでバイク用の充電器を買うことに

まずはやっぱりハーレーなんだからハーレー純正を


んんん高い!!
別にハーレーは特殊なバッテリーを積んでいるわけでもないので他を探すことに
普通に充電されればいいので基本的な機能が揃っているもの選ぶことに
で選んだのがこれ

その他バッテリー充電器はこちらをクリック
もっと安いものあったけどハーレー専用とのことでのこれにしました。
別に他のバイクとバッテリーはかわらないのでハーレー専用にこだわることはないし、普通のバイク用の充電器でも機能かわらないと思います。
※ちなみハーレーのバッテリーは12Vなので間違えて6V用を買わないように

早速、商品が届いたので充電してみることに


充電方法はいたって簡単

まずはバイク側の準備
サイドカバーを開けます。

すると一番手前にバッテリー充電用のハーネスがあります。


充電器の方はV数を12Vにセットします。

あとはつなぐだけで電圧を計算して、自動で充電を開始して、充電を停止してくれます。


ちょー簡単
昔のバイクなんかはいろいろと部品を外してバッテリーを出して充電する手間がありましたが最近のバイクは便利ですねぇ!
やっぱり定期的に充電できるようにメンテナンス性があがってるんですね♪

充電時間は約3時間

ちょうど納車して1ヶ月程度なのですぐに充電できました!
ちなみに充電の頻度は1ヶ月に1回がベストで最低でも2ヶ月に1回はした方がいいようです。
長期間、乗っていない時も充電は必須です。電気制御でいっぱいの最近のハーレーは常に何かしらで電気は消耗しているので逆に長期間乗らない方がバッテリーを消耗してしまします。
今回、買った充電器は長期間、乗らない時は付けっ放しにしておいても常にベストな状態を保ってくれる優れものなので便利ですね
バッテリーの寿命は走行距離にもよりますが約3年程度です。
しかし定期的な充電をおこたると1年にダメになっちゃう時もあるようなので充電は必須ですね

まぁ充電自体は簡単なのでちゃんとするようにします!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました