北米マフラーパンチアウト

だいぶブログサボっとりました。。

本日は物足りなかった北米マフラーにパンチアウトをしようと思います

そもそもパンチアウトとはなんだ?とうことですが
マフラーの中にはこのように遮蔽板という板があるのですがこれに穴を開けることで抜けがよくなり、音量もアップしるのです!

↓↓

そう今回は想像以上に静かだった北米マフラーの音量アップのための穴あけちゃうわけです。
穴の大きさはいろいろありますが今回は12mmの穴を開けたいと思います。
この大きさがチューニングなしでいけるギリギリの大きさだそうです。
パンチアウトといってもいろいろな穴あけほうほうがあるのですが。。
杭とかで叩くか?
ドリルであけるか?

しかし失敗すると遮蔽板自体が丸々抜けて直感になっちゃったり変な方向に空いてバランスが崩れたりするようなので穴あけ方法は慎重に選びたいところです!
ちなみに元祖北米屋のパインバレーさんに頼むと送料別で1万だそうです。。
高いよー

ということでもちろん自分でやることに

私が選んだ穴あけ方法は工具を自作してドリルであけることにしました
まずは工具の作成
作成するにあたって穴あけ部分の寸法を測ります。

まずマフラーの内寸大体30mmくらい
遮蔽板までの長さが大体150mm くらい

この部分の真ん中にキレイに穴を空けたいのです!

で使ったのはこちらの道具


・ステップドリル
・ビットのエクステンション200mm
・ホームセンターで売ってた丁度よさそなゴムの筒

これを組み合わせると


こんな感じ
このゴムがあることでセンターにキレイ穴があくのです!
きっと!
ちなみのこのゴムはドアのストッパー用のゴムだそうです。
マフラーの内寸は30mmだったのでちょうどピッタリそうなゴムを見つけました。

いざ穴あけ開始です

マフラーを外すのがめんどくさいのでそのまま突撃です!
ものの30秒ほどで穴が空きました!
どうでしょう⁉︎
真ん中にいい感じに開いたんじゃないですか!?

さぁつづけてフロント側です。

ですがリア側のマフラーが邪魔でそのまま工具が入らず。。
結局マフラーをはずことに。。。
リアを外すだけで工具を入れることがでしました!
こちらもスムーズに穴あけ完了!
ところが
ここでトラブル発生!!


アレ?
ドリルがない!

そうステップドリルさんが遮蔽板の向こう側に置き去りになってしまいました。。
勢いよく穴をあけたことでチャックのロックが外れてそのまま外れて中に入ってしまいました。
結局、フロント側のマフラーも外し、ドリル救出作戦開始です。
が。
上手いこと入ってしまったようでいくらフリフリしてもでてこないですたい。。

いくらやってもででこないなでホームセンターにいってこんなのを買ってきて救出!


慎重に引っ張りだして
なんとか取り出すことができました!

そんなこんなで脱線したもののマフラーを元に戻してパンチアウト作業終了です!
でエンジン始動!!
ちょっと音量アップしたかな?
とりあえず動画アップしたので聞いてみてください

スポーツスターアイアンXL883N北米マフラー(パンチアウト12mm)

今回かかった費用は
・ステップドリル 1500円
※ちょうどアストロでセールしました!
・エクステンション 800円
・ゴム 150円
合計 2450円
お店に頼む1/4の値段でできました!
気になる音量ですがちょっと大きくなったかな?
って感じです
音質はいい感じです?
比較動画も作ったので見てみてくださいねー

XL883Nスポーツスターアイアン マフラー比較 純正vs北米(パンチアウトなし)vs北米(パンチアウト12mm)

次回はパンチアウト後の試乗インプレかきますねー


コメント

  1. 抹茶 より:

    はじめまして!
    同じ2017年式XL883Nに乗ってる抹茶と言います。
    自分もこの間まで北米12mmパンチアウトのマフラーだったのですが、ご自身で穴あけるって凄いですね!
    自分は失敗怖くて買う時に頼んでしまいました^^;

  2. Hossy より:

    こんにちは抹茶さん!ゼロから始めた大型の抹茶さんですよね⁉︎ブログ読んでますよー!抹茶さんのアイアンも私のアイアンも似た経緯ですよね⁉︎
    北米マフラーはパンチアウトなしも試してみたかったので始めはパンチアウトなしを購入したのですが全然、物足りなかったので自分でやっちゃいました!結構、簡単でしたよー!

  3. おやじライダー より:

    はじめまして
    ブログ拝見させて頂いております。
    自分は17年式 1200X フォーティーエイトに乗っておりますが、自分も北米マフラーに交換したいと思っております。
    ただ燃調のことが気になっておりまして、17年式以降は排ガス等々の問題でそれ以前の年式よりも混合気が薄く、北米マフラー12ミリのパンチアウトでも燃調しないと後々に不具合の元になるよう事もあるように聞きました。
    実際、おっしゃる通り12ミリまでなら、燃調も必要ないという意見も多々拝見しております。
    実際のところ装着されて如何なものなのでしょうか?
    アドバイス頂けれは幸いです。
    よろしくお願い致します。

  4. Hossy より:

    おやじライダーさん!こんにちは!あくまでもプロではないので主観ですが今のところ乗っていて多くな不具合は感じないですよ。今後アフターファイアなどがでてくるようだったらノーマルくらいの感覚だったので自分をそこまで心配はしてないですかね?とりあえずインプレの記事も書いてみたのでみてみてくださいな

  5. おやじライダー より:

    早速のご回答ありがとうございます。
    実際にオーナーから貴重な感想をお聞きして大変参考になりました。
    ネットであちらこちら調べたりしておりましても、走りにしても音にしても、100%よいことばかりしか書かれていないので、レビューを見させて頂き、トルクの低下、音の変化の微妙さ等、非常に参考になりました。
    ありがとうございます。
    参考に差せていただき、私も近々北米マフラーを購入してパンチアウトにチャレンジしてみようと思います。
    ありがとうございました。

  6. 抹茶 より:

    そうです、一応ブログやっております^^;
    拝見させていただいて似てるなぁって自分も思ってました。
    今後とも色々参考にさせていただきますので、よろしくお願いしますm(__)m

  7. Hossy より:

    いやいやこんなので参考になればよかったです!また気になることがあれば聞いてくださーい!

  8. Hossy より:

    こちらこそ私も参考にさせていただきまーす!気になることがあればなんでも聞いてくださいねー

タイトルとURLをコピーしました