バーエンドウインカーに交換!LED化

本日は先日、届いたウインカーをカスタムしていきます!

バーエンドウインカー取付

バーエンドウインカーなので配線をハンドルに中通ししないといけないので

先ずはハンドル周りを外していきます♪

まずは左から

はずすのはクラッチのレバーのここのボルトとスイッチボックスのここのボルトです!

工具はT25のトルクスです
ボルトを外すと外れます

ハンドルバーへ配線用の穴あけ
今回はスイッチボックスのハーネスにまとめようと思うのでここに穴を空けます

次に
グリップをカッターでくり抜きます

配線していきます。

ドリルで穴を空けたら配線を中通します
配線はこちらを使いました!

配線を通すとこんな感じです!

右側も同じ要領で外していきます

右側も同じ要領で外します。
外すボルトは一緒です。

アクセルワイヤーの取り外し

右側はアクセルがあるのでワイヤーを外さなきゃなのでまずはアジャスターがあるので緩めて置きます

工具は3/8インチのレンチです
スイッチボックスの上のカバーを外すとタイコがみえるのでアクセルを握りワイヤーをたわませると外れます。
タイコは繋がっていないので外すと飛んでいってしまうので気をつけてください


左側と同じ要領で配線を通します。

配線完了です。

次にウインカーと延長用の配線をつなぎます。

今回はウインカー側の配線が細いのでこれでつないでいきます。

ウインカー側とコード側、それぞれの配線にコネクターをつけます。

今回はウインカーだけ光ればいいのでポジションランプ用の線は絶縁テープを巻いときます。

配線の延長ができたらウインカー本体をハンドルにつけます!

こちらのタイプはここのナットを締めるとゴムが湾曲してハンドルに固定される仕組みです!

次に配線をキレイにしてきます

今回はウインカーの配線の根本からつなぎ直そうと思うのでまずはタンクを外します

タンクの外し方はコチラの記事をご覧ください。

タンクを外したら配線していきます

スイッチボックスのハーネスを束ねてるホースに延長用の配線をとおします!
と思ったのですが!
元々のハーネスの本数ギリギリの寸法でなかなか入っていかないです。
なので束ねるホースを切り開いて改めて絶縁テープで巻き直しました。
ウインカーの大元の配線をたどります!
このと黒の配線がウインカーです

これを根本付近できって、つなぎ直します
こっちの配線は0.5sqなのでギボシで繋ぎます

繋ぐとこんな感じ

接続が完了したらスイッチ系の配線とともに耐熱テープで巻いていきます!
※キレイにまとめたのですが写真撮り忘れました。。
スイッチ類・レバー類を元に戻して、
一通り完了です!

点灯テスト

キーを回して
ウインカーをオン!
ん?
んんん?
つかない!
右も左も!
なぜだ!?
不良品?
配線をキレイにまとめてしまったので通電テストしようにも配線に余裕がなくてできない!
やってしまった!
配線をまとめる前にテストしとけばよかった。。

不点灯の原因を探る

仕方なくまとめた配線をまたバラして各所テストです。。
原因を探ってみると延長した配線とウインカーが通電していないことが判明!

原因は接続コネクター!


勝手にウインカーの配線の太さを0.2sqくらいだと思ったら
キセキの0.1sq !
たぶん
この接続コネクターは0.2sqからの対応なので被膜が剥けていなかったようです。。
0.1sq 以下の接続パーツは持っていなかったの長めに被膜を剥き無理矢理、太くしてなんと通電できるようにしました!
※焦って写真撮ってないです。。。

でもう一回、テスト!


点きました!!

最後に元々ウインカーを外します!

私のウインカーはフォークマウントに移設しています

なのでアンダーステムの
ここのボルトを外します!

その前にフォークをとめているボルトを外すのでジャッキアップしておきます。

ボルトを外せばブラケットごと外れます。

あとは純正のボルトに戻します。

純正のボルトが無い!

またまたトラブル発生!!
ここボルトを持っていなかった。。
納車時にウインカーを移設してたのでその時に外したボルト類は全てもらっていたはずなのに返却されていなかった!
仕方なく急遽、ボルトを購入!
インチボルトなのでホームセンターでは同じようななべ頭の品揃いが少ないのです。。
なので
コチラを購入

上と下で違うボルトになってしまいましたがまぁいいでしょう
反対側は同じように外して

やっと作業完了です!

どうでしょうスッキリしたんじゃないでしょうか!?

パッと見はウインカーが付いていないようですがしっかりと光ってくれます!
右〜

左〜

ハザード〜

バッチリです!!

LED交換時のハイフラ対策

ちなみに補足なのですがハロゲン電球からLEDに変えると電流が少なくなってハイフラになってしまいます!! 倍速で点滅しちゃうヤツですね!
2014年から一部ハイフラ問題が解消
スポーツスターは2014年式からコンピュータが改善されインジケーターのみがハイフラになりウインカー自体は正常なスピードで点灯します!
さらに2017年からインジケーターも解消
2017年式の後期?からインジケーターも正常に点灯します!
なので私のアイアンは特にイコライザーなどは不要なのです!
ラッキー!

以前のモデルはどうする?

インジケーターのハイフラはイコライザーで解消
2014年~2017年前期の年式のかたはこのイコライザーをつければインジケーターのハイフラは解消されます!

結構高いですね
別にインジケーターが気にならなければそのままでいいでしょうけど。

2013年以前だとリアもハロゲンなのでこのイコライザーが必要らしいです。

抵抗をいれて安くハイフラ対策

コチラは抵抗をいれることで意図的にW数を上げ、ハロゲン電球と同じくらいの消費電量にすることで玉切れと認識されない様にするものです。
配線も途中に噛ませるだけでいいので簡単です。
でもこのタイプだ適切なΩにしないとつかなくなってしまったりハイフラが解消されなかったりします。そのためにも取り付けるウインカーのW数がわからないといけないのです!
あとこの抵抗は熱をもつので取り付け位置も重要になります!
ちょっと話し複雑になってしまいましたね。。
ハイフラ対策のためにちょっと勉強したのですが結局、必要なかったよ。。
まぁとにかく無事に取り付けできてよかったよかった!


コメント

  1. aiai より:

    はじめまして、アイアンに乗っているものです。
    参考にさせていただいています。勉強になります。
    質問させてください。
    ハンドルバーですが何インチの高さですか?
    よろしくお願いします。

  2. Hossy より:

    aiaiさん
    こんにちは!現在使用中のハンドルの高さは5インチですよ!ちなみにビルトウィルのZバーです♪

  3. aiai より:

    。5インチでもブレーキコード足りなかったんですね。
    自分でハンドル交換しようと思い質問させていただきました。4インチならいけるのかな?
    こいうときは、ABS厄介ですね。
    返信ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました