車検準備 その1 カスタム戻し編

早いものでアイアンさんを購入して3年が経とうとしています。新車から3年というと
そう!
車検です!
ハーレーの車検っていくらかかるのだろうか?
どこで受けようか?やっぱり信頼と安心のディーラーに頼むのがいいかな?
でも高そう!いや絶対、高いに決まってる!
ということでディーラーに聞くこともなくユーザー車検を受けることにします。
まぁ初回の車検だし、特に問題はないだろう!
しかし自分でユーザー車検に持っていくのであれば自身で車両を車検対応にしていかないといけません!
そう私のアイアンさんは
車検不適合です!

どこを直せば車検に通るの?

まずはマフラー

現在のマフラーは爆音の近所迷惑仕様です!
音はもちろん排ガス規制もクリアできません
ちなみに車検を通すには
・音量は94dB以下にする
・排ガス規制に通る触媒を装着する
とりあえず純正に戻せば問題ないです。
車検対応のマフラーでもアウトになったりする場合もあるし、アメリカ純正の北米マフラーやオプションのスクリーミングイーグルのマフラーも怪しいです。
続いてはミラー

まずそもそも一つしかついてないのでアウトです。
車検基準にするには
・ミラーの面積が69㎠以上あること
・取付位置が中心より280mm以内、車幅より250mm以上はみ出さない、車高より300mm以内にする
と大きさや位置が明確に決められているようです。
まぁこれも純正にもどせば問題ないだろう!
あと怪しいのはフロントウインカー

安物なので光量が心配です。
ちなみに車検基準
・発光色は橙色のみ
・毎分60回~120回、一定の周期で点滅すること
・フロントウインカーは最内縁が240mm以上離れていること
・バイクの中心面に対して左右対象で取り付けしていること
・ウインカーの内側方向20°、外側方向80°の範囲どこからでも視認できること
・照明部の中心は地上2.3m以下となるように取り付けしていること
とのこと
色、点滅周期、位置は明確に明記されているが大きさや明るさについては特に明記はない
この基準だけみれば私のバーエンドウインカーは基準をクリアしている。
このまま試みてみよう!

とりあえずこれくらいでしょうか?
まぁそもそもこのスプリンガーが車検に対応しているのかちと不安である。

ちなみにこのスプリンガーのメーカーHPにはこのままで車検は対応しているとのこと

※メーカーHPから参照
あとあえてデチューンされて制動が弱くなってるフロントブレーキ

これも心配である
まぁスプリンガーブレーキもう純正は持っていないのでどうにもできないので
このまま挑もう!
ちなみに大体の車寸も納車時とかわりないので構造変更の必要もなさそうです。

では純正にもどす

ということで今回の車検はマフラーミラーを純正にもどすのみであとはありのままで試みてみます。
まずはマフラーを純正
前回の記事でも書きましたがついでにバンテージ仕様にしてみました
交換の詳細はこちらから

交換完了!

エコカー並みに静かになりました!
これで問題ないですね!
つづいてミラー
これも純正に交換!

向きは下向きです。ちょっと位置が内側にはいっです納車時からこれだったのでまぁ大丈夫であろう!

動画もどうぞ

今回も動画を作ってます♪
よかったらご覧ください

【XL883N】自分でやるユーザー車検 カスタム戻し編

完成

車検仕様にカスタム戻して完了です。
こんな感じ

見た目はカスタム感をキープしつつ、しっかりと車検対応になってます。
※おそらく。。
他にも怪しい部分はありますがどこまでオッケーなのかも確認したいので最低限の修繕で挑みます!
とりあえず車両の準備が整ったので
次回は各所点検していきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました